*はんなり京都~女3人旅日記⑦*

貴重な体験をすた三婆がたどり着いた所は皆様ご存知の

清水寺ざます~♪

f0036018_13102725.jpg

f0036018_13105836.jpg


運悪く修学旅行生がうじゃうじゃといてやかましさの局地ざますた(笑)

途中ドシャブリの雨が降ってきますて「少し雨宿りすれば?」と言ふわたすを横眼に

慌てて傘3本を買う姉。

一時間後にはバカッ晴れざますた(ーー;)人生晴れたり曇ったり。

f0036018_1311156.jpg


傘をぶらさげこの階段を降りて行くと・・・

f0036018_13125953.jpg


京都らしい風情ある通りに出ましたんどすえ~。


f0036018_18531537.jpg


いや~ツボざます~♪(**)この界隈で美味しい黒豆のお店を見つけますて速効入りお店の方と暫し談笑。

実はわたす黒豆女の異名が付くほど黒豆が好きなんざます^^

数点黒豆を買い満足するわたす(^ー^)このお店の女主人と娘さんとっても感じが良くて品のある素敵なおなごはんだったんどすえ~♪(後日、お店の名前と購入すたお豆はんをアップしますね^^)

散策すてたら祇園に出てきました~♪

f0036018_18574672.jpg


渋過ぎる~♪(**)

感激すていると舞妓はんが!!

f0036018_196866.jpg

f0036018_1962274.jpg

f0036018_1963793.jpg


春に桜を見に京都へ訪れていた母と姉は一度も舞妓はんに会えなかったんどすえ~。

ところが今回は舞妓はんが目白押し(笑) 良かったね♪^^

八坂神社にも立ち寄りお参りしてきますた~♪

f0036018_19111068.jpg

f0036018_19112562.jpg


その後錦市場へ行きたかった三婆一行はバス停へ・・・。

するとバス停のベンチに腰かけていた2人のじい様が「どこへ行きはるん?」と声を掛けてくださり

わたす「錦市場へ行くんどす~♪」と言ったが最後そのじい様2人組は延々と錦市場へのルートを語り出したんどす。しかも同時に喋りはりますから音声多重放送(爆)
バスの時刻までまだ時間があったので近くの茶屋でお茶でもしようと思っていますたが立ち去るタイミングが掴めずじい様2人のお話を聞くことに・・・(^^;)
でも親切心からなので有難いと思いお礼を言いやっと解放され(笑)茶屋で一杯(泡物)やりますた(^m^)
するとそこの主人が「タクシーでも2000円位で行けまっせ」といふではありませんか。
清水寺から祇園、八坂神社と歩き通しだった三婆は迷うことなくタクシーで錦市場へ急行しますた(笑)

ジャスト2000円で錦市場に着いた運転手さん!アンタはんはプロ中のプロでっせ~♪
「この道は右折できまへんのや。右折車があると道が渋滞してしまうさかいな~廻り道しまっせ~」と言いながら
「ここを曲るんかい!!」てな道を曲り華麗な運転さばきを見せてくれはった運転手さんに拍手喝采でおますた。

実は錦市場を切望すたのはわたすですた。

どーすても行きたかったお店があったのれす。

そのお店は牡蠣のだいやすさんでおま。(雑誌で牡蠣が旨い店と載っておりますた)

早速ビールで乾杯~♪@まっ昼間

f0036018_1956499.jpg


まずは牡蠣ポン酢♪

f0036018_1958065.jpg


続いて焼き牡蠣でおま。

f0036018_19582777.jpg


身はふっくらジュシーでプックリ♪牡蠣の美味しさが引き出されていてブラボ~♪

「ビールおかわり!!」

平成の色男焼き海老ちゃんもいってしまいましょか~♪(笑)

f0036018_2005878.jpg


生牡蠣も美味しいですが焼いた牡蠣はうま味がギュと濃縮された感じでよろしおすな~♪

そすてこのお店の若い店員(もすかすて店主?)さんもとっても気さくな方で話も弾んでしまいますた^^

若いツバメに目がない三婆(爆)

そのオニイさんが次の目的地である京都御所へは歩いて30分程で散策するには丁度よい距離と申しましたので
素直に従いますた。

すかすそれが悲劇の始まりだったのれす(笑)

まずしょっぱなから道を間違え反対方向へ歩くこと15分(ーー;)誰一人とすて記憶力ZERO

コンビニで道を確認し再び歩きだす三婆。

やっと鴨川に辿り着き「これが有名な鴨川なのね~♪」とまだ余裕がある三婆。

f0036018_20142226.jpg


すかすこの鴨川。途方もなく長かったのれす(^^;)

肺活量がMAXになりもはや気力だけで歩く三婆。

その時姉の「ト、トイレに行きたい・・・」と振り絞るような声が・・・。

それを聞いたわたすも急にもよおす(爆)

見渡す限りの川辺

反対側にはコンビニがあるもののもはや真っ直ぐにしか歩けない状態ですた。

何故ならば膀胱が2倍になっておりますたから・・・。

とにもかくにも早足で内股

死にもの狂いで歩いた甲斐があり京都御所へ辿り着きますた。しかも裏門(;;)号泣
(なんだかんだ1時間以上は歩く)

すると「はばかり」がすぐそこに。

我先にとダッシュする「苦悩姉妹くのうしまい  座布団3枚!!

「はばかり」を出てきた時の姉の顔は後光が差してますた

この時点でpm4:30

通りかかったご婦人に「御所の見学はまだできますでしょうか?」と母。

「事前に予約が必要だと思いますが・・・」とあまりに無情な返答。

ドット疲れが出た三婆はベンチに座り込み暫し放心状態。

記念に壁だけでもと思ひ撮影しますた(^^;)無駄な抵抗。

f0036018_2151302.jpg


そすて肩を落とし「嵐山行き」のバスへ乗り込み旅館へ戻るのでありますた・・・。

これも後で笑い話になるのかな(笑)
[PR]
by anzumadamu | 2009-11-06 13:18 | 旅行
<< *はんなり京都~女3人旅日記 ... *はんなり京都~女3人旅日記⑥* >>